アトラス日立キャンペーン

ネットショップ受賞 お客様の声 4.55 (3,835件)


 
カートを見る 会社概要 マイページログイン ご利用案内 お客様の声 お問い合わせ
国産車 欧州車 米国車 大型車 農業機械
二輪車 ジェット 小型船舶 シニアカー 産業サイクル
JS スタンダード
アトラスMFバッテリー
ハーレーバイクバッテリー
ACデルコ
mobe700b-e
会員登録
アームカバーキャンペン
RSS

バッテリーの構造


バッテリーの構造

バッテリーは、+極(正極)板,−極(負極)板とこの極板が接触してショートしないように隔離するセパレーターが交互に組合わせられた極板群と、電解液およびこれらを収納する樹脂の電槽・ふたから構成されています。電槽は6つに区切られ、極板群が直列接続されて電圧12Vになっています。

バッテリーの構造図

更に、ふたにはケーブル接続できるよう+端子,−端子が取付けられています。電解液は希硫酸で、比重1.280(完全充電時)です。

極板はバッテリーに電気エネルギーを蓄える重要な役割をし、格子と活物質からできています。
格子は、網目形状で鉛合金からなり、活物質を保持して電気エネルギーを集配しています。活物質は+極(正極)が茶色の二酸化鉛、−極(負極)がグレー色の鉛からできています。
バッテリーの主要部品
部品名 主な材質
+極(正極)板 鉛、鉛合金(活物質は二酸化鉛)
−極(負極)板 鉛、鉛合金(活物質は海面状鉛)
セパレータ 強化繊維、合成樹脂
電槽・ふた 合成樹脂
電解液 希硫酸
注)+極(正極)板は、陽極板,プラス板とも言う
また、−極(負極)板は、陰極板,マイナス板とも言う

極板の格子形状(一例)
極板の格子形状図